Title: 閾 – liminal / subliminal –
Style: Architecture, Installation
Materials: Scrap wood, String
Event: ヒタチオオタ芸術会議
Site: 高台の菊池さん家(常陸太田/茨城)
Term: 2014 / 10 / 13 – 2014 / 10 / 19

 
 
 
経年劣化と共に建物は歪み、住む人が居ないために立て壊す予定だった高台の菊池さん家。
既に居間の床板は腐蝕し解体され始めていた。
かつて掘りごたつやテレビがあり家族が団欒していたであろう居間。

私はこの家に残された手芸品に触れ、共通して使われていた手芸用の紐で
ビーズを通す代わりに解体した床の廃材を空中に留めていく行為を繰り返す。

窓の外には、やがて土へ還る畳と、蜘蛛の巣に引っかかった風鈴。
生起と消失/乖離と統合の境界を彷徨い、解いては結ぶ時間。

閾を問う。
 
 
 
津田翔平 『閾』についての雑記
http://hitachiota-air.com/guest/2015/01/27/
 
 
 

Hahen
belladonna
a virgin order
Let's Machine
Akashic Records
Falcon
Cluster
Technologism : dagshenma
IMGP5162b
garage
IdleMoments
Hz-011_01
la-plata