title: ⇄(交信)
artists: 東山佳永と津田翔平
technique: installation + live/performance
materials: body, leveling string (pink/yellow-green), CRT-TV, laser, fluorescent light, flashlight, tape, balloon, paper airplane, sound..
event: くうちゅう美術館
web: http://cloud-museum.info/
site: テレビ塔, Nagoya, AICHI
term: 2013/11/21 – 2013/11/23
 
 
 
・東山佳永と津田翔平 Kae Touyama & Shohei Tsuda

Kae Touyama: http://touyamakae.net/
Shohei Tsuda: http://shoheitsuda.net/
 
 
かつてテレビ塔から発信され私達に届けられていた電波や、光の公園から発信されテレビ塔が受け止めている緑のレーザー光線、
土地のシンボルを仰ぐ人々の視線や思い、飛び交う情報や意識、テレビ塔とそれを取り巻くものの間で交わされてきた見えないものを見つめ、交信に向かう。
発信者であり、受信者であり続けるために。

天井部と床面に、蛍光色の水糸が張り巡らされ、壁には外にみえるだろう町並みが描かれている。
ライブパフォーマンスとして『→(発信)』を始め、それを受けインスタレーションとして『←(受信)』を提示する。
そうして続けてきた空間の中で最後に『⇄(交信)』を試み、移り変わりながら交わり合う時間をつくっていく。
3日間の展示期間の中で進化しつづける作品。

素材:水糸(ピンク/黄緑)、身体、アナログテレビ、スズランテープ、水平器、蛍光等、懐中電灯、風船、紙飛行機、音響機材..
 
11/21 19:00 – 21:00 『→(発信)』(live/performance)
11/22 10:00 – 17:00 『←(受信)』(installation)
11/23 10:00 – 17:00 『⇄(交信)』(installation+live/performance)
(18:00 – 21:30 くうちゅうソニック)
 
 
 
『→(発信)』 (live/performance)

展示としてのパフォーマンス作品。
東山がピンクの水糸を、津田が緑の水糸を、それぞれの糸を張ることで両者が「発信」する。
5分ごとに入れ替わり、交じり合う事はないが、徐々に共存する時間が増えていく。


 
 
 
『←(受信)』(installation)

1日目の「発信」でつくった空間を暗闇にした上でインスタレーションとしての展示。
鑑賞者は入口にある懐中電灯を持ち、照らしたり、暗くしたりしながら会場内を自由に移動することが可能。
私達が前日から発信し続けているもののある部分に、光と視点を合わせ、「受信」する。


 
 
 
『⇄(交信)』(installation+live/performance)

ピンクの糸と黄緑の糸を編んで交わらせ、全体が二色で出来た大きな渦になるように作り変える。
最後には、東山と津田がそれぞれの色の糸を交換しあいながら交わり「交信」の形を作り続ける。


 
 
 
 
cloud-dm
 
 
 

Hahen
belladonna
a virgin order
Let's Machine
Akashic Records
Falcon
Cluster
Technologism : dagshenma
IMGP5162b
garage
IdleMoments
Hz-011_01
la-plata